アクシスブログ

鹿児島市にある、加圧トレーニングのプライベートジムです。ホームページhttps://axis-tr.net

地獄の菜の花マラソン2018。

昨日は菜の花マラソンでした。


去年は吐き気があって、終盤は歩いての4時間22分という記録だったので


今回の目標は体調万全で最後まで走り切り


ハーフまでのペースは抑え目で、後半徐々にペースを上げての


4時間以内のゴールが目標です。


去年の体調不良の原因の1つに、エネルギー切れが怖くて当日の朝食とレース前に食べ過ぎたので


今回は食べる量をほどほどにして、体調は万全でスタート出来ました。


気温も少し寒いくらいで走っているとちょうど良く


風もほとんど無くて、とても走りやすい気候でした。


ところが、アクシデントがすぐにやってきました。


15キロあたりから脚が若干つりそうになってきました。


ペースはもちろん予定通り抑えていますし、練習でもこの距離で


つりそうになったことはないので、まさかここで!?という感じです。


そのまま走り続け、ハーフは1時間50分台で通過し


ここまではペースとしては予定通りでした。


しかし、その後からは走るとすぐにつってしまいそうにまで悪化してしまい


ペースを上げるどころか、たまに止まってストレッチをしながら歩くことしか出来ない状態。


本当にショックでした。


去年の悔しさを晴らすために、マラソンを勉強して


自分なりに色々工夫しながら練習してきたのに、それが全く出せていない。



去年は吐き気がありながらも走っていた所を、今年は歩いている。





そんな現状が情けなくて、悔しくて、おまけにまだまだ距離があったゴールに


たどり着ける気がせず途方に暮れて、本当に何度もリタイアが頭をよぎりました。


でもその度に、リタイアしたら絶対後悔するぞ!と自分を鼓舞し続け


なんとか気持ちだけで16キロ歩きました。


この16キロは、本っっ当に地獄でした。


指宿市街地に入ってから、バンド演奏の応援があったのですが


色々な感情がない交ぜだったこともあって、少し泣きそうにすらなりました。





40キロのあたりで、どこかのタイミングで疲労がちょっとでも回復することを期待して


それまで歩きながら食べていたアミノ酸やジェル、エイドで頂いたみかんなどが


効き始め、最後の約2キロはつりそうになる事無く走れました。


もうゴールまで近いですし、ここで全力を出さないと


今日参加した意味が無いと、最後だけ出し切りました。


そして、記録は4時間53分でした。


結果は全く満足できるものではないですし、ゴールした達成感もありません。


今年のリベンジに、来年も走るとは今はまだ言えないくらいきつかったです。


吐き気がありながら走った去年もきつかったですが、去年よりもきつかった。


努力したからといって、それが全て結果に直結する訳ではないと


改めて、身をもって痛感しました。


でも、努力しなければ結果が出ることもないと自分に言い聞かせてます。


今年はレース中もレース後も、体調は良かったので


レース前の食事の摂り方を見直して、去年からの改善が出来た良かった所です。


翌日の疲労の具合も、ケガで練習が出来ず結局リタイアした


去年の鹿児島マラソンの翌日と違って、若干の筋肉痛があるだけでいつも通り歩けるので


これまでの練習の成果を感じられています。




次は3月に鹿児島マラソンがあります。


15キロで疲労が来た、これといった大きな原因は今の所見つけられていませんが


フォームや練習方法、食べる物などあらゆる全てを見直して


次こそ満足できる結果を出すために、約2か月頑張ります!